インド・中国は進出に適している?

インド・中国は進出に適している?

節税のために海外進出を決める企業は多いです。中でも中国やインド、それにシンガポールも人気を集めています。大手企業はもちろん、中小企業も海外進出をすることも昔に比べると随分と増えてきました。海外進出をするのには初めにも言いましたが節税をする為、そして他にも労働賃金や地代の安さといった理由もあるのです。

 

 

 

節税も魅力的ですが他にも経費を抑えられるとなると更に魅力的に思えてきますよね。他にも企業にとってメリットになることがあるのですが、皆さんは分かりますか?それは物価が安くて人口が多いからなのです。人口が多いと作った商品を買ってくれる人も多い、つまり市場も大きいということになります。

 

 

 

また日本からも近いので輸送費なども抑えることが出来ます。ちなみにオーストラリアに海外進出をする企業は珍しいと思いませんか?もしかしたらオーストラリアに進出する企業を聞いたことが無い…という人も多いかもしれません。実際、私もそういう企業は知りません。

 

 

 

では何故、オーストラリアは海外進出に選ばれないのか。その理由は簡単です。国土の広さに比べると人口が少なく、また島国なので海外ルートが限られている事、そして日本から行くのには遠すぎるということです。また既に先進国として活躍しているということも理由の1つかもしれませんね。

 

 

 

企業の海外進出、主に車メーカーが多く進出していますが中国やインドを選ぶのには節税以外にもいろいろなメリットがあるからこそなのです。