キャッシュフローゲーム

キャッシュフローゲーム

キャッシュフロー計算書について詳しく知っているという人は珍しいかもしれません。会計士や会社経営者、お金の流れや仕組みに詳しい人だからこそ知っていることなのではないでしょうか。しかしキャッシュフローを知っているだけでお金の流れから仕組みまでいろいろと知ることが出来ます。

 

 

 

生活を送る上であまり必要のないことのように思えますが、実は「金持ち父さん 貧乏父さん」の著書であるロバート・キヨサキ氏が考案したボードゲーム、キャッシュフローゲームというのが密かにブームとなっているのです。

 

 

 

このゲームはただ楽しむだけでなくお金の知識をはじめ資産・負債の意味や不動産投資の本質、ローンの知識等々、会計・金融・投資…などなど基本的な事から応用までいろいろと知ることが出来ます。

 

 

 

基礎編のゲームをはじめ応用編、それに子供用のものもあるので是非、チャレンジしてみてください。ネットのアマゾンで取り寄せすることができます。イメージとしては人生ゲームをイメージしてもらえば良いかと思います。

 

 

 

最初は英語版しか発売されていなかったキャッシュフローゲームも日本語版が出ているので誰でも始められるようになっています。ちなみに子供用は6歳から出来るのでお金の流れや仕組みなどを一緒に勉強することが出来ます。また、このキャッシュフローゲームは別名「お金持ちになるためのゲーム」とも言われています。値段は12,000円〜20,000円前後となっています。