日本の法人税は高すぎる

日本の法人税は高すぎる

多くの企業がどんどん海外に移転する理由はいろいろとあります。賃金の安さ、地代の安さ、コスト削減…などなど。企業としては利益を上げ、少しでもコストを下げたい…と思うのは当然ですよね。

 

 

 

しかし海外へ移転するのには他にも大きな理由があるのを知っていますか?それは節税です。企業を運営するにあたって掛かる税金は多くあります。

 

 

 

「えっ、こんなところにも税金が掛かるの?」と思うこともあるかもしれません。折角、利益として儲けたのに税金で引かれてしまえば元もこうもありませんよね。出来るだけ税金は引かれたくない…と考えるのは当然のことだと思います。そして掛かる税金の種類に法人税ってありますよね。

 

 

 

法人税とは株式会社や有限会社、協同組合などが得た収入に課税される国税のことです。最近では各国が法人税の引き下げを決行しています。日本でも5%の引き下げを菅さんが総理大臣の際に審議しましたよね。しかし日本が5%下げたところで他国との差は歴然としているのです。

 

 

 

企業のトップとしてはやはり海外移転を検討してしまうのも当然です。しかし海外移転をしたからと言って必ずしも成功する保証もないのも確かです。

 

 

 

メリットもあればデメリットも出てきます。それは仕方が無いことですよね。最近では大手企業だけでなく、中小企業が生き残りを掛けて移転することも多いようです。

 

言葉の壁や労働者たちとの意見の違い…など日本では考えられないトラブルも考えられるので海外移転はそうそう簡単に決められるものではありませんね。