企業が海外に移転する理由

社員旅行のほとんどが4泊5日以内の理由

節税というと違和感があるかもしれませんが、法人税がかからないということで結果として節税となる費用があります。その中の一つが福利厚生としての社員旅行です。

 

 

 

社員旅行のほとんどが4泊5日以内なのには理由があります。福利厚生として認められる最長期間が、4泊5日なのだそうです。それを超えた旅行費用は、社員への給与としてみなされ所得税が課せられるというのです。

 

 

 

これが福利厚生の範囲内で収まっていれば、その旅行費用は会社の収入とはされず、結果的に法人税の課税率が下がるという仕組みだそう。また社員の参加率が5割を超えないといけないそうで、楽しい社員旅行も会社側としてはいろいろと規制があるんですね。

 

 

 

もうひとつ、年に1回企業の義務として行わなければいけない健康診断があります。これにかかる費用もまた、損金として処理することができます。この場合福利厚生費として計上するためには、健康診断を受ける対象者が従業員全員である必要があります。