企業が海外に移転する理由

普通法人・公共法人・公益法人

まず大きく分けて、普通法人・公共法人・公益法人があります。
株式会社や有限会社などの一般企業、労働組合などの中間法人、病院などの医療法人も普通法人に分類され、法人税が課税されます。

 

 

 

次に公共法人とは、NHKや地方公共団体・日本道路公団・日本中央競馬会・国立大学法人などが分類されます。これらの中で
国や地方公共団体で運営されている法人の場合、法人税は非課税となっています。

 

 

 

最後の公益法人は、社団法人・財団法人・宗教法人・社会福祉法人・学校法人。これらの公益法人は、原則として法人税は課せられません。しかし収益の発生する事業におけるう所得には法人税が課税されます。

 

 

 

昨今ニュースでよく聞くのは、宗教法人の形態を利用した所得隠し。宗教法人が店舗の経営をして、その売上をお布施として扱い、税金逃れをしていたなどという悪質な事件もありました。