会社設立と税手続き

会社設立と税手続き

もし会社を設立する場合には、税金についての手続きをしないといけません。会社設立時には、税金についての届け出書や申請書を税務署などに提出をする必要があります。このとき、税金には国税と地方税の2種類があって、会社は両方支払いの義務があることを理解しておきましょう。

 

 

 

まず国税に対する手続きですが、税務署に届け出書を提出します。届出書には、3種類のものがあり、法人税と消費税、源泉税の3種類の手続きをしないといけません。

 

 

 

このほかにも税務署には、設立してから2カ月以内に法人設立届け出書というものを提出しないといけません。中には、青色申告で、税務処理を希望する人もいるかもしれません。

 

 

 

もし青色申告で税務処理を希望するのであれば、青色申告承認申請書というものを提出しないといけません。こちらの書類は原則、会社設立をしてから3カ月以内に提出をしないといけません。トリミングサロンを開業する場合はこちら。

 

 

 

地方税については、都道府県及び、市町村に届け出をしないといけません。