生き残りを掛けた海外進出

生き残りを掛けた海外進出

経営者にとって海外進出は、時に生き残りを掛けた最後のチャレンジになるかもしれないのを知っていますか?大手企業にとっては節税や賃金の安さなどを求めて進出する事が多いのですが、主に中小企業の多くは生き残りを掛けている事が多いのです。

 

 

 

海外進出にはいろいろとメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。もし失敗すれば破たん…ということにもなり兼ねません。中国やインド、シンガポールなどアジア各国が進出国として選ばれていますよね。

 

 

 

最近ではマカオやベトナムも注目を集めてきました。どこの国も日本より税率や低く、賃金や地代も安く収まるからこそなのですが他にも進出する理由はあります。それは人口の多さにあります。人口が多いと当然、労働者も多いですよね。

 

 

 

そして労働者だけでなく買ってくれるお客も多いということになります。簡単に言えば市場が大きいということです。また、良い宣伝にもなるので生き残りを掛けてアジアに進出する中小企業は増えてきました。もちろん税率が低いところも魅力的ですが、他にもこういったメリットがたくさんあるのです。

 

 

 

しかし中には失敗し、倒産を余儀なくされる中小企業が多いので本当に最後のチャレンジと言えます。失敗しないようにする為にも海外進出のサポートをしてくれる法律相談所も多いです。

 

 

 

大抵の企業はそういったところを利用しながらだと思いますが、より良い法律相談所を探すのが成功する秘訣かもしれませんね。