海外進出はシンガポールへ

海外進出はシンガポールへ

大手企業が海外進出するのにはそれなりに理由があります。1つは労働賃金の安さ、もう1つは地代の安さ、そして最大の理由は法人税の節税なのです。逆に海外の企業が日本へ移転する話って聞きませんよね。それは日本の税金が高いからです。

 

 

 

日本の企業が海外進出をするとなるとアジアがほとんどです。中でもシンガポールは今、1番注目を集めている国と言えます。シンガポールが注目を集める理由は単純に法人税が安いうえに労働賃金も抑えることが出来るからです。ただシンガポールは小さい国なので土地があまり無い…というのは難題ですが、その他に関しては条件が良い国と言えます。

 

 

 

他にも国土が広い中国にも日本企業の工場は多くありますよね。まずシンガポールは小さい国なので地方税はありません。日本で設立した会社であっても管理支配をシンガポールで行っていれば居住法人と見なされます。逆にシンガポール以外の国で事業の管理・支配を行う会社のことを非居住法人と区別されるようです。

 

 

 

居住法人の場合、シンガポールにおいて発生した国内源泉所得やシンガポールへ送金された国外源泉所得が課税所得となり、一方の非居住法人の場合はシンガポール国内源泉所得のみが課税所得となります。

 

 

 

居住法人か非居住法人のよっても課税対象となるものに違いは出てきます。どこの会社も節税をしたいと思うのは当然ですよね。もしかしたらこの先、シンガポール以外にも注目を集める国が出てくるかもしれません。