マカオの税率の安さ

マカオの税率の安さ

企業としては節税を心がけるのは当然のことだと思います。しかし節税って簡単には出来ないからこそ、経営者は頭を抱えるんですよね。

 

 

 

実際、会社経営をして初めて知る税金などもあるようで多くの人たちが驚くようです。こんなところにまで税金が掛かるとは知らなかった…というパターンが多いようで、その時は結構ショックが大きいかもしれません。では企業として節税をするのであればどんな方法を取ると思いますか?

 

 

 

それは税率の低い国へ進出する事なのです。また、労働賃金や地代も安ければより良いですよね。海外進出をするのに適している国としては中国をはじめ韓国やシンガポール、香港、台湾、ベトナム、タイ、インドネシア、インドなどです。見て分かるようにアジアの国が選ばれるようです。

 

 

 

突然ですが「マカオ」という国を知っていますか?名前は知っているけれど実際、どこにあるかまでは分からない…という人が多いかと思います。

 

 

 

マカオは香港同様、経済特区に指定された中国の都市なのです。日本の法人税率は実効税率で約41%、個人の所得では所得税・市県民税を合わせれば15%〜50%ほど掛かってしまうのですが、マカオに関しては法人税が12%その上、所得税に関しては10%と日本と比較すると税率の安さは一目瞭然ですよね。

 

 

 

日本の場合は他にも社会保険、年金…など差し引かれたりするのでどれほどマカオが節税に適しているのかが分かります。税金が高ければ高いなりのメリットもありますが、政治家次第…というのも事実です。