会社と県税

会社と県税

会社は都道府県に対しても、いろいろな税金の支払いをしていかないといけません。都道府県に支払う税金についてですが、まずは法人住民税と法人事業税という種類があります。

 

 

 

法人住民税は、会社の所得に応じて課税されることになります。年間通じての会社の所得に3割をかけた額を法人税として、支払わないといけません。さらにこの法人税の額に5%をかけて均等額を加えた額を法人県民税として支払わないといけません。

 

 

 

法人事業税も支払わないといけません。法人事業税も、会社の年間所得をベースにして、課税額が決まります。税率についてですが、会社の所得に応じて、率が変化をします。最低の税率の場合には5%がかかります。

 

 

 

もし最高税率が適用される場合には、会社の所得に対して、9.6%の税率がかかることになります。また会社の中には、自動車を所有しているというケースもあるかもしれません。もし会社名義の自動車がある場合には、自動車税も納める必要があります。