法人税の申告

法人税の申告

会社は法人税の支払いをしないといけません。そのためには、法人税をいくら支払わないといけないのかという税額を確定する必要があります。そのためには、法人税の申告書を提出しないといけません。

 

 

 

法人税の申告書は、各事業年度の終了日の翌日から2カ月以内に提出をしないといけないことになっています。忘れずに申告をするように心がけましょう。
法人税の確定申告書には、いろいろなことを記載しないといけません。会社の名前、納税をする場所、代表者の中前、事業年度、所得金額、所得金額を基にして算出された法人税の額などです。

 

 

 

確定申告書を提出するだけではありません。いろいろな添付書類も作成をして提出する必要があります。おもな添付書類として、貸借対照表や損益計算書、損益分の処分表、上で紹介をした計算書などに関連をする勘定科目の内訳明細書などがあげられます。

 

 

 

最近では、専用のソフトも発売されていて、必要事項を入力すると、以上の書類を自動的にソフトが作成してくれます。