法人税が占める日本の税金

法人税が占める日本の税金

皆さんは節税と脱税の違いって分かりますか?簡単に説明すると脱税は所得隠し、節税は海外移転などをして出来るだけ税金を払わなくて済む方法を探すことです。脱税はもちろん罪になりますが、節税は法律さえ守られていれば罪にはなりません。

 

 

 

しかし節税は専門的な知識を要するのでほとんどの企業では、節税専門の担当者を用意しておくそうです。やはりそうでもしないと過ちを犯してしまう恐れもあるので利口な方法かもしれません。皆さんも脱税はしないように確定申告はきちんと提出するようにしましょう。

 

 

 

税金は国民が暮らしていく為に必要な財源です。しかし国民側としては出来るだけ払いたくない…と思ってしまいますよね。まさに矛盾…。しかしこう思うのも税金が上手に活用されていない、何に使われているのか分からない…という理由があるからかもしれません。

 

 

 

もしかしたら政治家が使っているのでは?と疑ってしまうこともあるかもしれません。そんな税金の中にはいろいろと区別されていますよね。例えば身近なものでは消費税、自動車税、酒税、たばこ税、それに所得税…などたくさんあります。

 

 

 

その中でも1、2位を争う程大きな財源となっているのが法人税です。法人税は法人が得た収益に掛かる国税の一種です。日本の法人税は他国に比べると高く、節税をする為に海外に移転する企業も増えてきました。

 

 

 

特に多いのが自動車関連だと思いますが、最近では中小企業も多くなってきました。